自動車保険の一括見積
スポーツカーの自動車保険の無料見積り

自動車保険の2つの種類

自動車保険には、強制的に加入しなければならない「自賠責保険」と運転者の判断による加入となる「任意保険」の2種類の保険があります。

「自賠責保険」は、(正式名称「自動車損害賠償責任保険」)強制加入保険といわれており、国から加入が義務付けられています。自動車や原付などなどの運転免許が必要な車両を運転する際に必ず必要となる保険で、交通事故が発生した際に、被害者の補償をするための保険です。しかしながら、交通事故が発生した場合の保険金の上限が被害者1人につき死亡3,000万円・後遺障害4,000万円まで補償金額が低く、人身事故についてのみしか補償されないという点があります。なおかつ加害車両(つまり事故を起こした当事者の車両)、運転者などの怪我には補償されないという点があります。

また、「自賠責保険」は、原付などの250CC以下のオートバイなどでも加入が義務付けられていますが、250cc以下の車両は車検が無いため、「自賠責保険」の契約期間が知らぬ間に切れていたというケースも多く、車両を運転するドライバーは常に保険の契約期間いついては注意をしておく必要があります。(現在は、コンビニなどで手軽に加入や更新手続きが可能になっています。)

つまり「自賠責保険」は、免許を有する車両などを運転する際には必ず加入しておくべき保険であるといえます。

「任意保険」は、重大な事故を起こしてしまった場合に「自賠責保険」で補償しきれない賠償責任を補償するための保険です。人身事故はもちろんのこと対物や、当て逃げなどにも適用される(契約内容によります)保険で、現在「自賠責保険」同様に殆どの人が加入している保険です。対人無制限・物損無制限といった上限の無い保証で契約するパターンが多く、その補償範囲により保険料が変化します。

「任意保険」の契約期間は「自賠責保険」の2〜3年というサイクルではなく1年後との契約となっており、保険料が固定ではありません。俗に、事故を起こしやすい車両や事故を起こしやすい年齢、運転者の範囲(本人限定・家族を含む・第三者を含むなど)などにより保険料が変化します。

特に、若い人が保険料が高くなる傾向が強く、車両性能の高い自動車(スポーツカーなど)が保険料が高くなります。また、車両に備わっている安全装備である「エアバッグ」「ABS」「衝突安全ボディ」などの有無によっても保険料が変化します。安全性能は備わっている方が保険料は安くなります。

また、「任意保険」は車両保険という”自動車に対する保険”という盗難などによる損害を補償する保険もあります。

カテゴリー:自動車保険
殿堂入りメールマガジン 無料!
まぐまぐ殿堂入りメールマガジン
殿堂入りしたまぐまぐメルマガと当サイトからの裏メルマガ「中古車をパーツで速くさせる方法」あなたのメールボックスに当サイトのチューニング情報をお届けします。
(マガジンID:0000196032)無料です。

お名前 (ハンドルネーム可)


メールアドレス
(携帯電話アドレス不可)



日本車 外車 中古車 車買取 自動車ランキングサイト
車探し、車買取、中古車情報満載、中古車販売FLEX

ページビューランキング ブログランキング 中古車・自動車サイトが中心の無料で登録できる登録型車ランキングサイト。 どなたでもご自由にご参加いただけます - 自動車ランキング サイト
中古車オークション情報を毎日公開 中古車相場お役立ちサイトはこちら
This website is powered by Movable Type 3.2